FC2ブログ
もしも社会人が就活生になったら
社会人経験を積んだ今、もう一度就職活動をやり直したらどうするかを小説仕立てにしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第10話 面接② (自己PRの内容)
話は戻って自己PRの内容。

よく就活本に例が出ているが、ああいう本に出ている内容はあまりマネしない方が良いと思う。

ほとんどの学生が内容をマネて同じようなことを話すらしい。
言葉は悪いが、他の学生を出し抜かないといけない面接で、
人のマネをして印象に残れるだろうか?

これは、就活本などにはあまり書いていないが、
自分の長所は何なのか考えて相手にアピールするのではなく、
受ける企業の求めている人物像を考え、それに合わせてアピールするのが重要だと思う。

営業のセオリーだと思うのだが、就活ではあまり取り上げられていないようだ。

例えば、小売業の求めるもの。
まず誰でも思いつくのは『コミュニケーション力』だろう。
小売業に就職して、一度も現場に出ない社員はまずいない。

現場に出て、「ぼそぼそ話す」「声が小さい」「無愛想」「上から目線」
という社員では役に立たないので、こういう人間は恐らく採用しない。

逆に、声が大きく、作り笑顔ができて親しみやすい人間であれば、
採用担当者は、面接でしっかり見極めよう、という思ってしっかり見るだろう。

次に小売業に必要なもの。
この辺りは社会人経験が無いと出てきづらいかもしれないが、
・数字を読む力(売上の内訳、経費の内訳を見て内容を理解できる)
・売上目標達成の為の実現力(アイデアを実施できる実行力、思い切りの良さ)
・POP(看板)のデザインセンスや文章力

他にも
・クレームに耐えられる精神的な強さ
なんてのもあると思う。

俺は、学生時代には特にバイトもしていなかったが、雑学には自信があるので、
そんな話をしてみよう。また、経済学部出身だが、経済よりも経営に興味があるので、
そんな話もしてみよう。

それから、学生時代には声が小さく見た目が暗かったので、
これからの面接では意識して声を大きくわざとらしいぐらいの笑顔でいこう。

話す内容や要点を確認したところで、面接官に名前を呼ばれた。
関連記事
スポンサーサイト




コメント:
▼この記事へのコメント:<(あれば表示)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/06/18(月) 22:06:36 | | by (#) [ 編集]

■ コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

▼この記事へのトラックバック:(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。